家を建てるなら平屋?2階建て?

注文住宅の場合、坪単価は平屋のほうが高くなりやすい

建売住宅を購入する費用(販売価格)は、土地と建物がセットになったものです。したがって、平屋と2階建てを比較する場合、単純に金額を比較すればよいでしょう。

しかし、注文住宅を建てる費用は、同じ広さで工事費を比較すると、平屋のほうが2階建てよりも高いケースが多くなります

平屋は、2階建てより基礎や屋根の面積が広くります。

建物工事費のうち、基礎工事と屋根工事の占める割合が大きいため、2階建てより費用が高くなるのです。ただ、建物工事費は間取りや内外装材、断熱性能、キッチンや浴室などの住宅設備によっても大きく変わるので、一概には言えない面もございます。

また、注文住宅を建てる場合、土地を持っていない方は、土地の購入費用も必要です。

必要な土地の広さ

同じ延床面積で平屋と2階建てを建てると仮定すると、平屋のほうが広い土地が必要になります。

土地に建てられる建物の広さの上限は、都市計画法の用途地域を定められています。例えば、用途地域が「建ぺい率50%・容積率100%」で特別な制限や緩和措置がない土地の場合、120㎡(約36坪)の家を建てるには何㎡用意する必要があるのでしょうか。

★平屋

1階のみの延床面積120㎡

※建ぺい率50%なので、土地240㎡×建ぺい率50%=120㎡

⇒240㎡の土地が必要






★2階建て

1階・2階合わせて延床面積120㎡

※容積率100%をめいっぱい使えば、土地は120㎡あればOK

※建ぺい率50%なので、土地120㎡×建ぺい率50%=1階の延床面積60㎡

※1階(床面積=建築面積)60㎡+2階(床面積)60㎡=総延床面積120㎡

⇒120㎡の土地が必要



ちょっと解りづらいかもしれませんが、同じ延床面積の家を建てようと思ったら、平屋は240㎡、2階建ては120㎡と、平屋のほうが倍の広さの土地が必要になります。ただし、2階建ては階段やホールスペースも必要になることをお忘れなく。

平屋か2階建てか、ポイントで比較

<平屋>

○購入費用 

2階建てよりも基礎や屋根の面積が広くなるため、高くなる傾向がある。

○土地

同じ延床面積の家を建てる場合、広い土地が必要。

○安全性やプライバシー

段差のないバリアフリーの間取りをつくることが可能。

すべての空間が地続きとなるため、不審者の侵入を防いだり、通行人の視線が届きにくくする工夫が必要。

○利便性

階段がないため、一日に何度も階段を往復する負担がない分、短くてラクな動線がつくりやすい。

○入居後の費用

同じ延床面積の場合、屋根面積が広くなるため、屋根のメンテナンス費用は高くなる。

<2階建て>

○購入費用

同じ延床面積で工事費を比較すると、平屋よりも安いケースが多い。

○土地

同じ延床面積の家を建てる場合、平屋よりも狭い土地で建てられる。

○安全性やプライバシー

2階部分は通行人の視線がほとんど気にならない。

2階部分は地続きの空間でないことと、1階と比べると侵入しにくいため、心理的な安心感が生まれる。

○利便性

家事や生活の利便性を高い間取りをつくるには、水まわりの位置が重要となってくる。

○入居後の費用

同じ延床面積の場合、外壁面積が広くなるケースが多いため、外壁メンテナンス費用が高くなる。

メンテナンス作業用の足場代が必要。




近年平屋が人気ではありますが、自分たちが優先したいことを重視して決めていきましょう!!