ZEH普及実績・目標

ZEH(ゼッチ)とは、

Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略です。

住まいの断熱・省エネ性能を上げ、創エネ(太陽光発電など)を組み合わせて、エネルギーの収支を  『ゼロ』にする住宅のこと。


ZEH普及目標と実績

実績(年間建築総数)

2016年度

   1件

2017年度

   2件

2018年度

   1件

2019年度

   1件

2020年度 ZEH普及目標

   100%

目標公開資料

弊社では、ZEHの普及を目指して、以下の通り目標を公表いたします。


今後の普及率目標(年度毎)



ZEHをもっと詳しく

ZEH(ゼット)とは、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの略で、

使うエネルギーよりもつくるエネルギーが多い(もしくは±ゼロ)になる家のこと。

このエネルギー収支ゼロの家は、近年のエネルギー問題を受けて、国が積極的に推進しているほか、さまざまなハウスメーカーや住宅会社もZEHの家が提案されています。


ZEH(ゼッチ)は

『断熱』省エネ』『創エネ』

という仕組みが基本です。


『断熱』することで、熱の出入りを防ぎ使うエネルギーを減らす。

省エネ機器を使って『省エネ』を実現。

太陽光発電で『創エネ』をする。


という「ゼロエネルギー」の仕掛けが家に組み込まれています。


2020年まで『ZEH補助金』が利用できます!


経済産業省が政府目標を掲げ普及に取り組む『ZEH支援事業』では、2020年までに約19億円を「ZEH補助金」の予算として見込んでいます。

ZEH仕様は2030年には一般的な新築住宅の基準として盛り込まれるため、これから家を建てる方にとっては、いずれ必須の要件となります。

新築住宅を検討される場合、ZEH補助金が支給される2020年までに家を建てることを強くお勧めします。

【2020年の補助金金額は60万です】